燃料添加剤

燃料添加剤・エキタイターボ

エキタイターボは、エンジンの燃焼効率を上昇させるために、無害で金属イオンを持ったポリマーを理論的に配合したエンジン内の燃焼増進剤です。
熱分解による金属ミクロイオンの働きで気化が促進され、空気中の不足酸素を燃焼室内で発生。
エンジン内のイオンの分布改善で完全燃焼状態を作り、ノイズのない快適な走行を楽しめます。

エキタイターボの効果

  • 無害金属イオンを化学構造中に持つ特殊ポリマーの添加により、燃焼室内の金属蒸気イオンの分子運動の働きで、空気と燃料の気化を増進します。
    ※平均有効圧を反映する燃焼に最大限の力を発揮します。
  • 無害金属イオンを均一に気化燃料中に分散し、有効な機能を果たします。
  • イオンは燃焼ガスの二酸化炭素との反応で瞬時に酸素を発生し、空気中に不足している酸素を補い、完全燃焼をさせます。
  • 環境基準をクリアー。
    二酸化炭素・炭化水素・一酸化炭素・窒素・粒子状物質の発生を減少させます。
    ※完全燃焼により排出ガスの刺激臭がなくなりクリーンになります。
  • 完全燃焼による出力アップや燃焼の正常化で、静寂な走行が体感できます。
  • 燃料節減10%~12%を実現します。
  • エンジンの機関効率の上昇で登坂力、最高速の更新など、快適な走行状態を作ります。
  • 燃料ラインやキャブレターはもちろん、細部まで酸化付着物を分解しながらクリーンにします。

電子顕微鏡でみたシリンダー内の燃焼状態

正常燃焼(エキタイターボ添加時)
燃料分子(着火核)をシリンダー内に平均分散をさせ火焔伝播を正しい方向に走らせるので完全燃焼が起こる。
従ってエンジン内部での不揃いな着火が無くなりエンジンノイズが無くなる。
不完全燃焼に起因するエネルギーロスをなくし正常運動エネルギーを増大し、エンジンパワーが増幅するので燃費が10%~12%以上改善する。
  燃料分子(着火核)の分散に比重差による不均一分散が起き、火焔伝播が正常に走らず不完全燃焼によるエンジンノイズを発生する。
エンジン内部では火焔伝播が不規則に走り大幅なパワーロスを出しており無駄な燃料を消費する事になる。

エキタイターボの使用方法

STEP1

初回は燃料40ℓに200mlを給油前の燃料タンクに入れてください。給油後に入れて走ってもOKです。

STEP2

2回目以降も給油のたびに燃料の0.3%見当を補充してください。
※40ℓに100ml見当入れて下さい。

グラスコートエックス
COATING MENU
  • 中間処理剤
  • ガラス繊維系
  • ガラス系
  • メンテナンス系
FUEL ADDITIVE
  • 潤滑油添加剤
  • 燃料添加剤
  • コーティングなどのカーメンテナンス用品販売サイト
COMPANY GUIDE

グラスコート・コーティング剤の
株式会社カネヒラ・コーポレーション
東京都東村山市青葉町3-16-5

TEL:042-394-2043

FAX:042-391-2202

お問合せ・資料請求