グラスコートQ&A

下地洗浄処理Q&A

グラスコートをキレイに施すには、コーティング剤を使う前の下地洗浄作業が重要です。
こちらでは下地洗浄剤の特性と使用方法をFAQ方式でご紹介します。

製品特性について
使い方について

製品特性について

Q 専用洗浄液を使うメリットは?
A グラスコートを施した塗装面に専用洗浄剤をスポンジ塗布すると、水洗いだけで汚れが落ちるようになります。
カーシャンプーや機械洗車専用の洗剤では、固着汚れが完全に落ちません。
Q 洗浄作業前に砂などを落とすべきか?
A 塗装面に付着した固形物質(砂など)は傷の原因になります。
洗浄作業の前に必ず洗い流してください。
Q 専用洗浄液は振りながら使用すべきか?
A 液がセパレートタイプのため、使用のたびによく振って撹拌してご使用ください。
Q 他社製品との汚れを落とす能力の違いは?
A 当社製品は複合酸化汚れの固着物質に対して浸透性、溶解性のすぐれた素材を用いています。
使うほどにシリコンフッ素系の光沢のある平滑な保護膜を作り、グラスコート剤を架橋しやすくします。
Q 汚れを落とすこと以外に何が違うの?
A 当社製品は高い洗浄力で塗装面をツルツル・ピカピカにし、グラスコート被膜が吸着しやすいよう表面改質する架橋(結合)安定性を強化する仕組みを持っています。
Q ワックス・ポリマーコート類との違いは?
A グラスコート専用洗浄剤の原料は、ワックス・ポリマーコート類と違い、酸性雨や日光などで酸化する要因を配合していません。
pagetop

使い方について

Q 塗装面に濡れたまま塗布できる?
A 洗車後の濡れた車体に使用できます。
水の表面張力を利用して液剤が広がるため、より効果的な洗浄がでます。
Q 下地中間処理になぜ「水洗い」が必要?
A 処理面の汚れと薬品気を完全に洗い流すためです。
充分な水で洗い流してください。
Q 洗浄剤で洗車したとき、塗装面が白くなる
A 数年経った塗装表面の樹脂塗装(クリアー)が劣化し、酸化生成物とアルカリ性成分が中和反応します。
形成された層が薄い場合は洗浄で除去できますが、深度が深いと除去しきれず、白い生成物が残ります。
Q 塗装面が白くならない方法は?
A 塗装面のごく一部(約10㎠)に洗浄剤を塗布し、2~3分後に拭き取って平滑性、光沢、変色を確認(パッチテスト)してから全体を施工してください。
Q 洗浄剤の洗車で白くなったときの対処方法は?
A 微粒子研磨剤によるバフ研磨、または研磨剤をスポンジや布につけ、そのカ所の生成物を研磨除去するとよいでしょう。
Q ガラスに塗布しても大丈夫?
A 油膜などを作る成分は含んでいません。
安心してお使いいただけます。
Q 広範囲に塗布作業をしても差し支えない?
A 洗浄剤は乾燥が遅いので心配ありませんが、広範囲に塗布する場合や乾燥が早まる環境下での作業の場合、塗布後、早めに水洗いをすることをおすすめします。
Q 乾燥させてしまった洗浄剤の対処方法は?
A 乾燥した洗浄剤の膜を微粒子研磨剤で剥がしてから、再度、洗浄前処理してください。
Q 塗布後、乾燥させた上にグラスコート加工をしても大丈夫?
A 完全に乾燥した洗浄剤の膜の上に、グラスコート加工をしてもよい被膜は得られません。
作業はお控えください。
Q 洗浄表面がまだらになったときの対処方法は?
A 塗りムラは、汚れなどの取り残しが原因と考えられます。
再度、下地処理をおこなってください。
Q 水洗い後の水滴の除去方法は?
A 吸水性のよいタオル(プラスセーム)などで残存水滴をしっかりと拭き取ってください。
隙間の水滴もお忘れなく!
Q 各種洗浄剤の洗浄力の違いが知りたい
A 洗浄剤の特性は下記表をご参照ください。


洗浄光沢スタンス
洗浄光沢スタンス
グラスコートエックス
COATING MENU
  • 中間処理剤
  • ガラス繊維系
  • ガラス系
  • メンテナンス系
FUEL ADDITIVE
  • 潤滑油添加剤
  • 燃料添加剤
  • コーティングなどのカーメンテナンス用品販売サイト
COMPANY GUIDE

グラスコート・コーティング剤の
株式会社カネヒラ・コーポレーション
東京都東村山市青葉町3-16-5

TEL:042-394-2043

FAX:042-391-2202

お問合せ・資料請求